バイアグラジェネリック

バイアグラジェネリック比較/ED治療薬通販

バイアグラジェネリックの比較

 

バイアグラは, ED治療薬として1998年にアメリカで開発され、翌1999年に日本でも発売になりました。

 

世界で最初に発売されたED治療薬になります。その人気はその後レビトラ、シアリス、アバナフィルなどの新薬が出た今でも強く、バイアグラを好んで使用する方が大勢います。

 

その理由は、バイアグラにしかない勃起力の強さがあります。他のED治療薬は副作用の減少や、効果の持続時間を伸ばすなど工夫がしてある分バイアグラに比べると、勃起の強さに劣ります。

 

バイアグラは日本では、25mgと50mgだけが認可されていますが、海外では100mgが存在します。
もちろん100mgをネットで購入してそのまま使用してもいいのですが、ピルカッターなどを使用して、100mgを半分にしてコストを下げるなどの利用をされている方が多い様です。

 

バイアグラは歴史が一番長い分その安全性も確立しています。ですが、バイアグラの偽物が多く出回っていることも事実で、この点に注意して購入しませんと、痛い目にあいますので気を付けて下さい。

 

当サイトでご紹介しているバイアグラ及びそのジェネリックは、信頼できる業者からの商品ですので安全です。

 

実際当サイト管理人の私も使用していますので、間違いありません!

 

次の項で、実際のバイアグラのジェネリックをご紹介していきます。

 

>>>バイアグラ・バイアグラジェネリックの詳細はこちらです。

 

バイアグラジェネリックのご紹介

 

カマグラゴールド

カマグラゴールド
1錠最安値192円(7箱で)

 

バイアグラのジェネリックとして、一番人気のがカマグラになります。

 

有効成分:
Sildenafil Citrate(シルデナフィルクエン酸塩)100mg
内容量:
1箱4錠入
メーカー:
Ajantha Pharma

 

カベルタ100mg(バイアグラジェネリック)

カベルタ100mg
1錠最安値59円(5箱で)

 

カマグラ同様にバイアグラのジェネリックになります。
1箱8錠入りですのでコストパフォーマンスがいいです。

 

有効成分:
Sildenafil Citrate(シルデナフィルクエン酸塩)100mg
内容量:
1箱8錠入
メーカー:
Ranbaxy Limited

 

シラグラ100mg

シラグラ100mg
1錠最安値177円(7箱で)

 

カマグラ同様にバイアグラのジェネリックになります。
1箱4錠入りですが、単価が安いので、コストパフォーマンスが期待できます。

 

有効成分:
Sildenafil Citrate(シルデナフィルクエン酸塩)100mg
内容量:
1箱4錠入
メーカー:
Cipla

 

やっぱりバイアグラの純正品がいいと言う方は下記からどうぞ。

バイアグラ100mg(Viagra100mg)

バイアグラ100mg
1錠最安値1210円(7箱で)

 

バイアグラジェネリックの1錠の最安値に関しては、最大の個数で買った場合の値段になります。ですので、例えば1箱だけ買おうと思っている場合には、カベルタが622円で一番安く購入できます。
それそれの値引き率が違いますので、ご自分の欲しい量に当てはめて計算してみて下さい。

 

バイアグラジェネリックの使用方法

 

バイアグラは、食事をせずに行為の1時間ぐらい前に飲むことにより最大限の効果が期待できます。

 

もし食事をした場合には、食後1時間ぐらいあいだを開けて、バイアグラを使用しましょう。

 

バイアグラは、元々狭心症の治療薬として開発されたくすりで、血管を拡張させる効果があります。

 

バイアグラを服用すると心臓に負担が掛かると思っている方は、間違っています。バイアグラ自体は血管を拡張して、血圧を下げ心臓に負担を掛けないように働く薬です。

 

では、何で狭心症などの病気を持っている人はバイアグラなどのED治療薬を処方されないのかと言いますと、理由は2点あります。

 

心臓がセックスによる運動からくる血圧の上昇に耐えられるか。

狭心症の人は、心臓自体が弱っていますので、セックスによっておこる運動に心臓の筋肉が絶える事が出来るのかが問題です。バイアグラは血管を拡張させて心臓の負担を減らしますが、それ以上にセックスによる脈拍の上昇などが心臓に負担を掛けますのでその行為に心臓が耐えられるかが問題です。

 

狭心症の治療にニトログリセリンを使用している

この場合は、バイアグラとニトロとの薬の相性が良くありません。
酷い低血圧を起こして、脳や重要な臓器に血液が回らなくなり、危ない状態となります。

 

通常の高血圧の方ですと、しっかり医者で血圧をクスリで管理している場合には全く問題なくバイアグラを使用できますので安心してください。

 

バイアグラなどのED治療薬は基本的に24時間で1錠飲むようにしてください。

 

50mgのバイアグラで十分な方は、100mgを購入してピルカッターで二つに割る事で、かなりお安くバイアグラを手にすることができます。

 

>>>バイアグラ・バイアグラジェネリックの詳細はこちらです。

 

バイアグラジェネリックト他のED治療薬

 

バイアグラジェネリックと他のED治療薬の関係を見てみましょう。

 

他のED治療薬で、有名なものにレビトラ、レビトラジェネリック、シアリス、シアリスジェネリック、アバナフィルなどがあります。

 

レビトラ及びそのジェネリックは、バイアグラの欠点である、食事の影響を抑えています。また効果時間も8時間と延長されています。ですが、バイアグラとの決定的な違いは、やはり勃起の強さにあります。
どうしてもいろんな点で改良していく内に、効果の部分でどうしても下げざるを得なかったのだと思います。

 

シアリスに関しては、化学構造を強いものに変える事によって、体内で溶ける時間を長くして、効果時間を延長することに成功しました。その効果時間はなんと36時間と言う凄い時間になります。
また食事に影響されずらい事も改善されています。ですが、この薬もやはり別の効果を強くした部分、勃起力に関してはバイアグラに劣るものとなっています。

 

アバナフィルに関してはまだ出てきたばかりのED治療薬 でありますので、情報が足りない部分もありますが、基本的には全く食事に影響されないと言う状況で、勃起力もかなり高いようです。

 

この点から見ますと、勃起力では、バイアグラ>アバナフィル>レビトラ>シアリスと言う感覚になるようです。

 

バイアグラの一番人気の利用はやはりこの効果の力強さにあるのだと思います。

 

一度バイアグラのその効果の強さを体験した人では、やはりなかなか他のED治療薬を使用する気に名ならないのではないでしょうか。

 

いろんな面で、他のED治療薬と比べると劣る点が多いのですが、余計な部分を追加していないだけに、その効果が抜群なのがバイアグラの特徴です。

 

全てのED治療薬をを見てみたい方は下記からどうぞ

 

>>>全てのED治療薬の詳細はこちらです。

 

バイアグラと薬の相性

 

ED(勃起不全)の治療薬として有名な「バイアグラ」。
しかし男性の夜の悩みを解消するこの夢のような薬も、使い方を間違えれば命の危険にさらされることになってしまいます。

 

■「夢の薬」も飲み方を間違えると命の危険も!?
バイアグラには併用禁止薬と呼ばれる相性の悪い薬があります。また病歴によっても処方ができないこともありますので注意が必要です。特に併用禁止薬については、湿布など日常的に使用する市販薬に含まれている場合もありますので、使用前には必ず確認するようにしましょう。
1998年に世界で初めてのED治療薬としてアメリカで発売されたバイアグラ。当時の日本でも話題となり多くの方が輸入業者を通じて入手をしましたが医療機関での指導を受けていなかったために併用禁止薬と一緒に服用してしまい、重い副作用を発症させて死亡するケースもありました。

 

■バイアグラと相性の悪い薬と病歴
バイアグラと一緒に服用・もしくは使用してはいけない薬があります。また過去の病歴によっても使用ができない場合もありますので、用法・容量は必ず確認するようにしましょう。
もしこれらを守らずに服用した場合、健康被害が出ることがあります。
1.硝酸剤
湿布をはじめとする貼り薬や飲み薬に含まれています。市販されているもに含まれているので注意が必要。その他病院で処方される薬として、舌下錠・注射・吸入器・狭心症の発作に使われるニトログリセリン等があります。
2.塩酸アミオダロン製剤
主に病院での処方薬です。
3.病歴
肝機能障害がある方や低血圧・夜盲症の方は服用できません。また、6ヶ月以内に脳梗塞や心筋梗塞を発症した方は使用できませんのでご注意下さい。

 

日頃からパッケージなどに記載されている成分配合やお薬手帳などで服用している薬を確認することが大切です。また使用されているようならば、その日のバイアグラの利用を中止するなどのちょっとした対応で副作用を回避することもできます。

 

最近ではEDを専門に扱う医療機関もあり、病気として広く認知されるようになりました。そうした医療機関ではバイアグラを処方薬として出すこともできますので、個人的に手に取る前に一度相談されることをおすすめします。
正しい知識のもとでバイアグラを効果的に使いましょう。

 

>>>全てのED治療薬の詳細はこちらです。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ